園芸おもしろ豆知識

園芸おもしろ豆知識

2018年

ヤブコウジ<十両>(2018年12月号)

 クリスマスが過ぎると、正月の準備で忙しい時期となります。ヤブコウジは、常緑で実が赤く美しいことから古くから縁起の良いめでたい植物とされ、正月の床飾りなどによく利用されます。
江戸時代には赤い実は金銭に例えられ、マンリョウ(万両)、センリョウ(千両)と合わせてヤブコウジはジュウリョウ(十両)と呼ばれました。商人たちは商売繁盛を祈願して床に飾りました。
花言葉は「明日の幸福」。正月飾りにはぜひヤブコウジを使ってみてください。来年はきっと良い年になると思いますよ。

プランターで始める家庭菜園(2018年11月号)

秋は時候もよく家庭菜園を始める好機です。そこで、プランターでタマネギの栽培にチャレンジしてみましょう。プランターは幅80cm程の大型のものを使います。底にごろ土を入れ市販の培養土で苗を植えつけます。植え方は根元の白い部分(葉鞘部)が隠れるほどの深さで、隣と10cmほど間隔を空けるようにしましょう。このプランターでは15本程度が目安です。置き場所は日当たりのよいベランダがよいです。水は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、霜が降りる時期は、暖かい日の午前中に行うようにします。追肥は化成肥料を土10Lあたり10gの量で土の表面に撒きます。2週間に1回、3月上旬まで続けます。翌年の5月ごろ、球が十分に成長して茎葉が倒れると収穫のサインです。

「寄せ鉢」で気軽に楽しむ(2018年9月号)

お花屋さんに行くと、綺麗にラッピングされた寄せ鉢をよく見かけます。寄せ鉢とは、季節の花やグリーンをお好みの容器に、プラ鉢やポット苗ごと詰め合わせて装飾する方法です。性質の異なる植物を自由に組み合わせることができ、用土を使わないためお手軽で、組み替えや取り出しも簡単です。
 水やりは、容器の底に水がたまらないように、それぞれの植物に合わせてその都度、プラ鉢やポット苗ごと取り出して行います。
 みなさんもオリジナルな寄せ鉢を作って、気軽に楽しんでみてくださいね!

シンボルツリー(2018年8月号)

 庭づくりの第一歩にシンボルツリーを植えられる方も多いと思います。シンボルツリーは門や玄関の脇、あるいは主庭の真ん中やテラスの脇などに植えられ、その家の風格、趣をつくり出す樹のことをいいます。住まいの象徴となる樹として家の外観や庭の雰囲気にあった見栄えのよい樹を選ぶことが大切です。一般的にはヤマボウシのような大きな1本の樹をイメージしがちですが、アオダモやモミジなど雑木の群植なども住まいを引き立て、すばらしい緑の景観をつくります。
 いずれにしても、我が家のよりどころとなる樹として、家族が愛着をもって育てられる樹を選ばれると良いですね。

アサガオの栽培の歴史(2018年7月号)

 アサガオは熱帯アジア原産といわれ、日本へは奈良時代に渡来したとされます。
 初めは薬用としての栽培でしたが、江戸時代には花が楽しまれるようになります。江戸時代中期に備中松山で絞り咲きのアサガオが見つかったのを皮切りに、人々は葉や花が普通と違うアサガオをこぞって栽培するようになりました。この特徴的なアサガオは変化アサガオと呼ばれ、幕末になると花弁が糸のように細く切れ込むなど、アサガオとは思えないような品種もつくられました。明治に入ると変化アサガオの栽培は減り、代わりに大輪アサガオが栽培されるようになりました。
 時代とともに好まれる品種は移り変わるものの、アサガオは時を超えて愛され続けている植物ではないでしょうか。

ノルディックウォークを楽しもう(2018年6月号)

 里山センターでは「ノルディックウォーク」の講座を開催し、「初級」の講座では効果やポールの使い方などを学び、実際に操山を歩きます。(日時・申込方法などは、「里山センター イベントのご案内」ページ等をご覧ください。)
【操山を歩いてみませんか?】
 操山の園路は、モデルコースとして岡山県ノルディックウォーク連盟より認定していただきました。公認指導員のスタッフも里山センターにいますので、ぜひお越しください。

桜~ジンダイアケボノとコマツオトメ~(2018年4月号)

 この2種類の桜をご存じですか?最近話題になっているのを効いたことがある方もおられるのではないでしょうか。ソメイヨシノの特徴ととてもよく似ていて、どちらも葉が出る前に一斉に花を咲かせ、樹全体をさくら色に染めてくれます。開花はすこし早咲きでやや赤みを帯びた花を咲かせます。
 最近、ソメイヨシノは病気(特にてんぐ巣病)に弱く、またクローンであるため伝染しやすいことが問題になっており、その点この2種類は病気に強く特徴も似ているため、ソメイヨシノの代替品種として注目されています。お花見で桜を見上げて少し色が濃いように感じたら、お酒の飲みすぎか、もしかするとこの2種類なのかもしれませんね。

花壇の土づくり(2018年2月号)

 ~寒さの厳しいこの時期に土づくりをしておくと、春からの花壇に差が出ます~

 酸性に傾いた土を矯正するため、苦土石灰をまき、すぐに耕し土になじませます。ショベルで深く掘り起こし、かんぷうにさらすことで、土中で越冬中の害虫を駆除でき、春からの害虫発生を抑えられます。
 この時、堆肥や肥料は一緒には施さないこと。石灰をチッソ肥料やチッソ分の多い堆肥と一緒に施すと、アンモニアガスが発生し、ガス障害を受けたり、チッソ分が逃げてしまうため、時期をずらして施しましょう。

イヌの名前にちなんだ植物(2018年1月号)

 今年の干支は戌年です。イヌは人にとって非常に身近な動物であるためか、名前にイヌと入る植物は数多くあります。
 身近な植物を例に挙げると、庭木で植えるイヌツゲやハーブの一種であるイヌハッカ(英名:キャットミント)などがあります。しかし、「イヌ」と植物の名前に付く場合、「有用植物とよく似ているけれど役に立たない」という意味で名付けられることが多く、動物のイヌに形が似ることにちなんで名付けられた植物はそれほど多くありません。エノコログサはイヌにちなんだ例で、漢字では「狗尾草」と書き、イヌの尾の形に似ていることから名付けられました。

おすすめイベント

2018/12/12(水) ~
2019/02/04(月)

✿ 平成30年度 里山センター 1月のイベントのご案内

2018/12/05(水) ~
2018/12/20(木)

行事「四季の森の音楽会」

2018/12/04(火) ~
2018/12/25(火)

百花プラザ ガーデン・イルミネーションIN西大寺2018

2018/12/01(土)

浦安総合公園テニスコート行事案内

2018/12/01(土) ~
2019/01/31(木)

灘崎町総合公園 施設行事案内 (12月・1月)

2018/11/03(土) ~
2018/11/04(日)

半田山 秋の花まつり 開催!

2018/09/27(木) ~
2018/11/30(金)

里山センター行事「楽しく里山の自然発見」の年間予定表  

2018/09/22(土)

百花・秋のお楽しみまつり2018 開催のお知らせ(終了しました)

2018/09/14(金) ~
2018/10/20(土)

岡山市緑化推進フェア2018

2018/09/14(金) ~
2018/10/20(土)

行事「山と海をつなごう~いっしょに考えよう「海ゴミってなあに?~」」

2018/09/12(水) ~
2018/11/01(木)

✿ 平成30年度 里山センター 10月のイベントのご案内 ~終了しました~

2018/09/12(水) ~
2018/12/01(土)

✿ 平成30年度 里山センター 11月のイベントのご案内~終了しました~

2018/09/12(水) ~
2019/01/08(火)

平成30年度 里山センター 12月のイベントのご案内

2018/09/08(土) ~
2018/10/06(土)

行事「ノルディックで操山を探検しよう」

2018/09/07(金) ~
2019/02/28(木)

行事「おじさんから学ぼう(昔あそび)」

2018/09/01(土) ~
2018/09/25(火)

ふれあいホール展示「森・川・海の生き物展」

2018/08/27(月) ~
2018/09/27(木)

行事「四季の森の音楽会」 終了しました。

2018/08/13(月) ~
2018/08/27(月)

ふれあいホール展示✿変化朝顔展✿ 終了しました。

2018/08/13(月) ~
2018/08/25(土)

いきものフェスタ~自然のめぐみを、未来の買物体験広場~ 終了しました。

2018/08/01(水) ~
2018/10/31(水)

岡山市総合文化体育館 第2期スポーツ教室開催について
  • みどりの教室・プレゼント
  • ぱーく岡山
  • 園芸おもしろ豆知識
  • 緑化推進リーダー&ボランティア活動報告
  • 百花ブログ
  • 四季の写真館
  • 関連リンク

おすすめ公園・施設

Page Top