2019年2月21日

公民館へ出張講座に行ってきました

今回の寄せ植えのテーマは『早春』です。

芽だし球根を使った、春を先取りした

寄せ植えを作りました。

早春の寄せ植え

種類:

ヒヤシンス、ムスカリ、エリゲロン、イオノプシジウム、

ルメックス、タイム、パンジー

寄せ植え

みなさん一株一株、丁寧に植え付けを

されていました。

早春の寄せ植え

春先にはヒヤシンスの、やさしい香りに

つつまれると思います。

2019年2月20日

冬花壇をセンスアップ ~紹介その4~

少し間が空いてしまいましたが、緑化推進リーダーさん達による

冬花壇紹介シリーズ第4回目は、こちらの花壇。

リーダー冬花壇4

テーマは「彩りガーデン」。

4色のパンジーを斜めのストライプ状に植栽し、アクセントに

寄せ植えしたテラコッタ鉢を2基置いています。

絶妙な位置に鉢を配置することによって、平面花壇に立体感が出て、

一気にセンスアップ!ですね。

パンジーの花数が増えるにつれて、ストライプ柄もはっきりしてきて

綺麗さが増しています。

散歩される来園者の方々の目を楽しませてくれています♪

2019年2月19日

2月11日、朝、雪が降りましたね~

子どもたちは、祝日でお休み。ラッキーでしたね!(^^)!雪で、いっぱい遊べましたか?

西大寺緑花公園もすっかり雪景色。

雪2雪3

こんなものがありました。

ゆきだるま(*^。^*)

この日は、園内でいくつか、ゆきだるまが見られましたが、こちらは、職員が最初に見つけたゆきだるまです。

2019年2月17日

サザンカ

ピンク色のサザンカが綺麗です!

花言葉は「永遠の愛」(^^)

サザンカ(ピンク)

サザンカは花色ごとに花言葉が違います。

サザンカ全般の花言葉は、「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」。

赤色のサザンカは、「謙譲」「あなたがもっとも美しい」。

サザンカ(赤)

白色のサザンカは、「愛嬌」「あなたは私の愛を退ける」。

サザンカ(白)

赤色や白色のサザンカはだいぶ散ってしまいましたが…

散りゆく姿もなんだか美しい気もします。

2019年2月16日

ワンプレートクッキング 2月

2月10日(日)に「愛しい時間を愉しむ食卓」をテーマにした「ワンプレートクッキング」が開催されました。

今回は、バレンタインを意識した「チョコレートケーキ」や「ふわふわハンバーグ」、「お野菜たっぷりSOUP」など・・・全部で6品を作りました。

ワンプレートクッキング

 

次回は、「やさしいパン作り」を開催します。

日時 3月17日(日) 10時から13時

受講料 2150円

2種類のパンとデザートを作ります。

受付はご来館のみですが、定員に達したため受付を終了しました。

 

2019年2月15日

センペルセコイア☆

少し前からですが、はらっぱ広場の真ん中にある『センペルセコイア』に元気がありません。

枯枝や葉っぱの黄化が少し目立ち始めています。

センペルセコイア

昨年の12月に樹木医による調査が行われ、

今後は、樹勢回復のための剪定作業や土壌改良等を行っていく予定です。

公園のシンボルツリーでもあるため、早く元気になってくれることを願っています☆

鳥

2019年2月14日

今日は、バレンタインです

バレンタインデーといえば、ハートを

イメージされる方も多いと思います。

西大寺緑花公園で、ハートの形に見える植物を

探してみました。

①バラの花びら

バラ バラの花びら

②アイビー

アイビー

③サザンカ

サザンカ サザンカ

④ビオラ

ビオラ

探せばまだ、でてくるかな~?!

みなさんも、ぜひ身近な植物でハートの形を

したものを探してみてください☆

2019年2月13日

バードウォッチング

バードウォッチングの講習会を行いました。

毎年、野鳥の観察がしやすく、水鳥もやってくるこの時期に実施しています。

日本野鳥の会岡山県支部の方に、双眼鏡の使い方を教えてもらったら

さっそく観察に出発!

公園内では、カワラヒワ、ジョウビタキ、シメなど、

バードウォッチング

吉井川ではイソシギやマガモ、カンムリカイツブリなど、合計18種類の野鳥を

観察できました。

カワウが集団で漁をしている様子も観察でき、とても興味深かったです。

ちょっと耳を澄ませ、目を凝らすだけで、いろんな生き物の息吹が感じられるんですね。

2019年2月11日

西大寺はだか祭り

日本三大奇祭のひとつといわれる『西大寺はだか祭り』

毎年、二月の第三土曜日に金陵山西大寺にて「宝木」を求めて10,000人もの裸の男たちが、激しい争奪戦を繰り広げます。

夜になると、22時の宝木投下に向けて、西大寺の町は、「はだか」と呼ばれる褌姿の男たちで一杯です。わっしょい!わっしょい!の掛け声があちらこちらで聞こえてきます。

町全体が、まつりの浮足立った雰囲気とは、やや異なって、「はだか」のけた外れな気合いと興奮が観客にも十分に伝わり、熱気と迫力と少しの恐怖心も入り混じったような、独特の空気になります。

そんな『西大寺はだかまつり』の写真とパネル、モニターでのご紹介を、西大寺百花プラザ1階のプロムナードで2月17日まで行っています。ご覧ください。

2019年2月10日

紅梅

林床花壇では、紅梅が綺麗です!

紅梅紅梅

紅梅は『源氏物語』にも登場します~

「心ありて 風の匂はす 園の梅に まづ鶯のとはずやあるべき」

(こころがあって風が匂いを送る園に 鶯が来ないはずがありません。)

按察使大納言は匂宮に自分の娘をめあわせようと息子の若君に歌とともに紅梅のひと枝を匂宮へ届けさせようとする場面です…

匂宮は梅が好きで、贈られた紅梅を見て喜びました。

紅梅紅梅

平安時代になると紅梅がもてはやされるようになりました。

ほんと、こんなに綺麗ですとウグイスも飛んでこないはずがありませんよね!

紅梅紅梅

春も近いですね(^^)