樹木

2019年1月14日

梅の開花

1月8日に西大寺緑花公園で撮影しました。

これは、玉牡丹という八重咲き品種です。

梅は開花期間が長く、早咲きの品種では二カ月、普通の品種でも一カ月半は咲き続けます。

桜の満開に対して、梅は「梅一輪」「凛として」咲くと表現されるように、日本人の美意識を代表する樹木であるように思います。

2019年1月6日

2019年もスタートしました!

年始といえばやっぱり松!!

元旦から1月7日までの間(諸説有り)を松の内ともいいます。

マツ

西大寺緑花公園にも松がありますよ~

冬の青空は澄んでいて、松の葉の緑色はより鮮やかに見えます。

マツの葉

松は常緑で樹齢が長いことから不老長寿の象徴、おめでたい木とされてきました。

『源氏物語』では初音(はつね)の巻に登場します。

「年月をまつににひかれてふる人に今日うぐいすの初音きかせよ」

本年もよろしくお願いいたします。

2019年1月5日

ユリノキの実

多目的広場南側園路沿いにあるユリノキに実がたくさんついています。

ユリノキ

花もチューリップの様な形をしていましたが、実もチューリップの形に似ていますね。

ユリノキの花←ユリノキの花です。(2018年5月撮影)

 

ユリノキの実←ユリノキの実です。

一見、1つの実のように見えますが、たくさんの実が集まった「集合果」と呼ばれるもので、

まわりの細長いものの一つ一つが実です!

木についている形のままではなく、バラバラになって実が落ちていきます。

 

寒い日が続きますが、公園で植物を見ながら散歩をするのもいいですヨ!

 

2018年12月22日

シナノキの実

シナノキに実がついています。

シナノキ

プロペラがついた実ですので、クルクル回転しながら落下します。

シナノキの実

その動きは面白いですが、公園内のタネを取って遊ばないようにしてくださいね。

 

せせらぎ付近にあります。

2018年12月12日

なんて綺麗なんでしょう

先週、講座の準備のために落ち葉を集めていると、

先に落ち葉を拾っておられた来園者の方が、「これもどうぞ」と

言って、集めた落ち葉をくださいました。

それがあまりに綺麗だったので、事務所に帰った後、写真に収めました。

ナンキンハゼ

ナンキンハゼの紅葉ですが、なんともいえないグラデーションでした。

ナンキンハゼ

自然の一瞬の輝きに、足をとめてみるのって、とても素敵だなと思うのです。

撮影の後は、落ち葉を使った講座に使わせていただきました。

綺麗な落ち葉を、ありがとうございました!

2018年12月8日

トウネズミモチの実

百花プラザの南側園路沿いにある、トウネズミモチの木には、現在、濃いねずみいろの実が出来ています。

トウネズミモチ

名前の由来は、実の形がネズミの糞にそっくりなことから、そう呼ばれているそうです。

ネズミの糞に似ているといっても、丸くてかわいらしいですヨ。

私はネズミの糞を見たことがないのですが・・・。

ヒヨドリが食べつくす前に、お早めに!!

2018年12月1日

ナンキンハゼ

多目的広場西側園路沿いにあるナンキンハゼは、紅葉とともに、熟して果皮が外れた白い実がきれいです!

晴れた日には、鮮やかに見えます。

ナンキンハゼ_紅葉

白い実の主成分は「ロウ」で、ヒヨドリやキジバトなどが食べます。

触ってみると、固くツルツルとした感触ですヨ!

ナンキンハゼ_実

紅葉は、出来るだけお早めにご覧下さい!!

2018年11月25日

アカメガシワ(赤芽柏)

アカメガシワの黄葉が綺麗です。

紅葉の季節ですが、黄色い葉が青空に映えて鮮やかです。

アカメガシワ

アカメガシワと紅葉

新芽や若葉が赤いので「赤芽(アカメ)」、カシワの葉似ているので「柏(カシワ)」。

そこから「アカメガシワ」と名付けられたとされています。

アカメガシワ(葉)

『万葉集』にも詠まれています・

「ぬばたまの夜よの更ふけゆけば久木ひさき生おふる清き川原に千鳥しば鳴く」〔巻第 6 – 925〕山部赤人

(夜がふけていくと、あかめがしわが生い茂っている清い川原に千鳥がひきりなしに鳴いているよ。)

アカメガシワ

 

2018年11月18日

イロハモミジ

イロハモミジの紅葉(^^)

曇り空に映えて見えます!

 イロハモミジ

イロハモミジという名前は、葉の切れ込みを「イロハニホヘト…」と数えたことからとされています。

イロハモミジ

モミジは、『万葉集』では138種が詠まれています。

しかし、万葉の時代には「モミジ」には「黄葉」の字があてられ、「紅葉」としたものは1首だけでした。「紅葉」の字が当てられるようになったのは平安時代以降となります。

イロハモミジ

モミジとは、秋に木の葉が赤や黄などに変わる樹木の総称です。

中でも、このイロハモミジは代表的なモミジといえます。

ほんと、綺麗な紅葉ですね(^o^)

2018年11月17日

黄葉

はらっぱ広場の南側で、カイノキの黄葉が見ごろを迎えています。

カイノキ

晴れた秋空の下、黄色の葉っぱが映えます。

カイノキ

あまりにきれいにだったので、思わずもう一枚撮影してしまいました。

カイノキは、中国原産で、学問の木とされております。