樹木

2019年3月20日

次々と咲き始めました♪

種類にもよりますが、この春はいろいろな花の開花が、

例年に比べ、とても早いようで、西大寺緑花公園でも

いろいろな花が咲き始めています。

~現在開花中の花~

ハナモモ、サンシュユ、ハクモクレン、ツバキ、

ジンチョウゲ、トサミズキ、ユキヤナギ、ミツマタ、

スイセン、シラー・シベリカ、ハナニラなど。

トサミズキ

~トサミズキ~

 

スイセン

~スイセン~

ミツマタ

~ミツマタ~

公園で、うららかな春の一日をお過ごしください。

2019年3月17日

ハクモクレン

ハクモクレン(^^)

ハクモクレン

コンパスフラワー(方向指示植物)という別名があります。

蕾の先が北を向くことからだそうです!

ハクモクレンハクモクレン

たしかに北を向いていますね!

(写真の右側が北です。)

太陽の光を受けて花びらの南側が膨らむためでしょうか。

ハクモクレン

花言葉は『気高さ』『高潔な心』。

イギリスの王宮植物園園長だったジョセフ・バンクス卿がモクレンを中国から導入したときに、「枝先にユリの花がついている木」と評したことにちなんでいるそうです。

もう少しすると見頃を迎えますよ!

お楽しみに(^o^)

2019年3月15日

NEW☆

先日、裸地になってさみしくなっていた所へ低木を植栽しました!!

オタフクナンテン  低木植栽予定

~オタフクナンテン(ゴシキナンテン)~

ナンテンの園芸品種。郡植や列植をすると美しいグラウンドカバーに大変身☆

 

ギンバイカ  低木植栽予定

~ギンバイカ(マートル)~

西大寺緑花公園にNEW登場!!

5月~6月頃に芳香のあるかわいい白い花を咲かせる常緑低木♪

ハーブとして「マートル」の名前でも知られています。

楽しみがまた一つ増えました~☆ (∗^ε^∗)

2019年3月8日

センペルセコイア☆2

先日、センペルセコイアの土壌改良を行いました!

センペルセコイア

健全な根の伸張を促し、踏圧による固結を防ぐため、周囲にロープ杭を設置しています♪

早く元気になってくれることを願うばかりです☆ (∗^ε^∗)

2019年3月6日

サンシュユも咲き始めました

サンシュユの花も咲き始めました。

サンシュユ サンシュユ

花が小さくて、とても可愛いのですが、写真を撮るのが難しくて、

なかなか可愛らしさを伝えられません。

これはぜひ実物を見てもらうのが良いと思います!

せせらぎ南側あたりでご覧いただけます。

散策の際は「西大寺緑花公園 園内ルンルン散歩3月号」を

お伴にどうぞ。

2019年2月27日

ほわっほわ

早いもので、明日で2月も最終日ですね。

西大寺は会陽も終わり、少しずつ春の足音が聞こえてきました。

園内のネコヤナギの冬芽から、ほわほわの花芽が顔を覗かせました!

ネコヤナギ

つい、なでなでしたくなりますね。

せせらぎ周辺でご覧いただけます。

2019年2月23日

紅葉??

西大寺緑花公園内を歩いていると、紅葉をしている木を見つけました。

寒い冬の時期なので、一瞬見間違えたかと思いましたが・・・。

オタフクナンテン

 

「オタフクナンテン」と呼ばれる木で、1年を通して葉っぱをつけている常緑樹のため、紅葉しても葉っぱが木についていることが特徴です。

オタフクナンテン

近づいてみると、葉っぱに光沢があって、赤色が鮮やかに見えます。

 

駐車場入口付近など、園内各所で見ることが出来ます。

2019年2月15日

センペルセコイア☆

少し前からですが、はらっぱ広場の真ん中にある『センペルセコイア』に元気がありません。

枯枝や葉っぱの黄化が少し目立ち始めています。

センペルセコイア

昨年の12月に樹木医による調査が行われ、

今後は、樹勢回復のための剪定作業や土壌改良等を行っていく予定です。

公園のシンボルツリーでもあるため、早く元気になってくれることを願っています☆

鳥

2019年1月14日

梅の開花

1月8日に西大寺緑花公園で撮影しました。

これは、玉牡丹という八重咲き品種です。

梅は開花期間が長く、早咲きの品種では二カ月、普通の品種でも一カ月半は咲き続けます。

桜の満開に対して、梅は「梅一輪」「凛として」咲くと表現されるように、日本人の美意識を代表する樹木であるように思います。

2019年1月6日

2019年もスタートしました!

年始といえばやっぱり松!!

元旦から1月7日までの間(諸説有り)を松の内ともいいます。

マツ

西大寺緑花公園にも松がありますよ~

冬の青空は澄んでいて、松の葉の緑色はより鮮やかに見えます。

マツの葉

松は常緑で樹齢が長いことから不老長寿の象徴、おめでたい木とされてきました。

『源氏物語』では初音(はつね)の巻に登場します。

「年月をまつににひかれてふる人に今日うぐいすの初音きかせよ」

本年もよろしくお願いいたします。