2019年3月22日

2019年3月21日

せせらぎの水が・・・

西大寺緑花公園では、年に数回せせらぎの清掃を行います。

水を一度すべて抜き、藻や落ち葉などのゴミを取り除きます。

せせらぎ清掃

普段と違った、風景になりますね

せせらぎ清掃

只今、清掃中ですのでしばらくお待ちください。

すっきりと綺麗になったせせらぎをご覧いただけると思います。

2019年3月20日

次々と咲き始めました♪

種類にもよりますが、この春はいろいろな花の開花が、

例年に比べ、とても早いようで、西大寺緑花公園でも

いろいろな花が咲き始めています。

~現在開花中の花~

ハナモモ、サンシュユ、ハクモクレン、ツバキ、

ジンチョウゲ、トサミズキ、ユキヤナギ、ミツマタ、

スイセン、シラー・シベリカ、ハナニラなど。

トサミズキ

~トサミズキ~

 

スイセン

~スイセン~

ミツマタ

~ミツマタ~

公園で、うららかな春の一日をお過ごしください。

2019年3月19日

消防避難訓練

3/6百花プラザで、消防避難訓練を行いました。

≪火災の想定≫・・・1階実習室から出火、火災は延焼拡大の様相を呈しており、危険な状態である。

 

非常用電話で、火災を知らせます。

初期消火!

避難誘導班が、来館者の誘導に向かいます。

逃げ遅れた方もなく、館内全員避難完了を本部に報告し、訓練は無事終了しました。

その後、消火器を使う練習をしました。

訓練とはいえ、火災報知機が作動し、非常放送が流れると緊迫した雰囲気になります。

万が一の時には、くれぐれも落ち着いて行動しましょう。

2019年3月17日

ハクモクレン

ハクモクレン(^^)

ハクモクレン

コンパスフラワー(方向指示植物)という別名があります。

蕾の先が北を向くことからだそうです!

ハクモクレンハクモクレン

たしかに北を向いていますね!

(写真の右側が北です。)

太陽の光を受けて花びらの南側が膨らむためでしょうか。

ハクモクレン

花言葉は『気高さ』『高潔な心』。

イギリスの王宮植物園園長だったジョセフ・バンクス卿がモクレンを中国から導入したときに、「枝先にユリの花がついている木」と評したことにちなんでいるそうです。

もう少しすると見頃を迎えますよ!

お楽しみに(^o^)

2019年3月16日

スイセン

公園を歩いていると、様々な種類のスイセンの花を見ることが出来ます。

スイセン  スイセン  スイセン

少し歩いただけで、3種類のスイセンを見つけることが出来ました。

とってもかわいらしいですよ。

スイセンの花が咲くと、より春を感じます~

2019年3月15日

NEW☆

先日、裸地になってさみしくなっていた所へ低木を植栽しました!!

オタフクナンテン  低木植栽予定

~オタフクナンテン(ゴシキナンテン)~

ナンテンの園芸品種。郡植や列植をすると美しいグラウンドカバーに大変身☆

 

ギンバイカ  低木植栽予定

~ギンバイカ(マートル)~

西大寺緑花公園にNEW登場!!

5月~6月頃に芳香のあるかわいい白い花を咲かせる常緑低木♪

ハーブとして「マートル」の名前でも知られています。

楽しみがまた一つ増えました~☆ (∗^ε^∗)

2019年3月14日

寄せ植えが見ごろです

2月に実施した公民館園芸講座で作った

『春の寄せ植え』が見ごろをむかえています。

こちらは、2月に植えた受講生さんの寄せ植えです。

早春の寄せ植え 

(現在)同じ時に百花プラザで作った、色違いの寄せ植えです。

公民館園芸講座

ヒヤシンスやムスカリから良い香りが

漂ってきます。

公民館園芸講座に参加していただいた方の

ご自宅でも見ごろを迎えられているのでは

ないでしょうか(^^)

2019年3月13日

カラスさん、巣にご利用?

朝、公園のメタセコイアの株元で、カラスが2羽、

メタセコイアの樹皮をくちばしにたくさん挟んでいるのを見かけました。

カラスとメタセコイア

よく見ると、幹や枝から樹皮をはがしています。

そうやって持てるだけ持つと、「こんなもんかしら?」「そうじゃな」と、

会話でもしたかのように、2羽揃って南東方向へ飛んでいきました。

作り上げた巣の底にでも敷くのでしょうか?

ちょっと、聞いてみたかったです。

メタセコイア樹皮

後日見ると、けっこう剥がれていました(^^;)

2019年3月12日