2019年8月31日

ネムノキの実

公園内のせせらぎ付近にある、ネムノキに実がついています。

ネムノキ

よく見ると、さやえんどうの実に似ていますが、食用ではないです。

さやえんどうの実に似ているのは、同じマメ科の植物のためです。

西大寺緑花公園へお越しの際は、ぜひ見つけて下さい。

2019年8月30日

Believe☆

公園南側にある緑地帯の法面ですが・・・

一番東だけ裸地になっていて、少し寂しい感じがします。

グラウンドカバー

そこで!!!

もう少し涼しくなってから、グラウンドカバーの植栽を開始します!

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇     ◇  ◇

グラウンドカバー

6年前に裸地になっていた法面は、

今では3種類(シバザクラ、ヤブラン、ラベンダー)のグラウンドカバーで覆われて、

素晴らしい景観を作り出しています。

ラベンダー

昨年、公園ボランティアさんに植えていただいたラベンダー・・・

あんなに小さかった株が、しっかりと育っています!

今度新しく植栽するグラウンドカバーも、

何年か後には美しい景観を作ってくれると信じて、

がんばります~♪ (☆^ε^☆)

2019年8月29日

西大寺緑花公園ボランティア花壇

西大寺緑花公園ボランティアさんによる花壇が

見ごろをむかえています。

西大寺緑花公園ボランティア花壇

センニチコウ、ケイトウ、マリーゴールド、百日草など。

西大寺緑花公園ボランティア花壇

いろんな種類を植えているので通るたびに

新しい発見があり楽しみです☆

ケイトウ

花が大きすぎて、お辞儀をしてしまう花も(^^;)

西大寺緑花公園ボランティア花壇

西大寺緑花公園ボランティアのみなさん

いつも除草や水やりをありがとうございます。

9月からもまた、よろしくお願い致します。

2019年8月27日

2019年8月25日

百日紅

サルスベリ(^^)

先月のブログでも紹介しましたが、まだ花を見ることができますよ。

サルスベリ

「百日紅」の名のとおり、長い間☆約100日間ほど花を咲かせてくれます。

実際には一日花なので、次々と花が咲き続けているということになります。

サルスベリ

花言葉は、『雄弁』、『あなたを信じる』、『潔白』。

2019年8月24日

サンゴジュの実

西大寺緑花公園多目的広場の北側園路沿い(駐車場の南側園路沿い)では、

現在、赤い実がたくさん出来ているのですが、ご覧になったことはありますか?

サンゴジュの実

↓アップ写真はこちら↓

サンゴジュの実

これは、サンゴジュの実です。

名前は、この赤い実を珊瑚の玉に見たてたものです。

ブドウの形に似ているので、食べれそうな気がしますが、食用ではありません。

公園へお越しの際は、ぜひご覧ください。

2019年8月23日

2019年8月22日

ガマの穂

西大寺緑花公園のせせらぎを歩いていると

ガマの穂を発見!!。

台風10号の強風にも負けず、倒れていませんでしたよ。

ガマの穂

ガマは、池や沼地などに生える多年草です。

ガマ

公園のガマは、観賞用に育てているものです。

田舎に行くと沼地などに自生している姿をみるため

どこか懐かしい感じがしますね。

せせらぎ

ヤナギが青々としげり、夏の日差しを和らげ

少しだけ涼を感じました。

2019年8月21日

アオギリ、さらにその後

アオギリの果実が、その後どうなったか、

写真を撮ってきました。

8月14日。

あれっ!派手になってる。

なんと!きれ~い!!

ピンクと黄緑のグラデーション。

でも思っていたのと違う。

マメのように、サヤは果実が熟す直前に裂けると思っていたのに、

既に開いていた。

このまま熟すのかなあ。

開くところが見たかったなあ。

2019年8月21日

納涼スライドショー【告知】

百花プラザの1階通路、プロムナードと呼んでいる場所で、

納涼スライドショーを行います。

 

リハーサルを行いましたので、様子をちょっとだけ。

こんなのや

こんな感じ。

江戸時代の妖怪の絵をちょっとおもしろくして流します。

8月23日~31日、日没から21時閉館まででご来館いただければ、どなたでもご覧になれます。。

夕涼みの散歩かたがた、お誘い合わせて見にいらしてください。