2019年7月10日

ナンキンハゼの花

ナンキンハゼの花が咲いていた。6月28日の写真。盛大に垂れ下がっている。

約一週間後、開花状況を見に行ったら様子が違っていた。7月6日。

盛大に垂れ下がっていた房は足下に落ちていて、代わりにコチョコチョしたものがついていた。

雌花だった。

だから、先に咲いていた房は雄花だった。

そして、雌雄異花で雌雄同株だったのでした。

 

時間差で雄花と雌花が咲くものを、雌雄異熟というのだけれど、

雄花と雌花の開花の順序が木によって異なるそうで、

雄が先に熟す木と雌が先に熟す木や、

雄花が咲いたあと根元の雌花が咲いて、そのあと再び脇芽の雄花が咲くこともあるらしい。

 

あれ、ちょっと待って、

さっきの写真、次の雄花ついてる?

わぁ…

これから、どうなるんだろう…。