2019年2月10日

紅梅

林床花壇では、紅梅が綺麗です!

紅梅紅梅

紅梅は『源氏物語』にも登場します~

「心ありて 風の匂はす 園の梅に まづ鶯のとはずやあるべき」

(こころがあって風が匂いを送る園に 鶯が来ないはずがありません。)

按察使大納言は匂宮に自分の娘をめあわせようと息子の若君に歌とともに紅梅のひと枝を匂宮へ届けさせようとする場面です…

匂宮は梅が好きで、贈られた紅梅を見て喜びました。

紅梅紅梅

平安時代になると紅梅がもてはやされるようになりました。

ほんと、こんなに綺麗ですとウグイスも飛んでこないはずがありませんよね!

紅梅紅梅

春も近いですね(^^)