2019年2月11日

西大寺はだか祭り

日本三大奇祭のひとつといわれる『西大寺はだか祭り』

毎年、二月の第三土曜日に金陵山西大寺にて「宝木」を求めて10,000人もの裸の男たちが、激しい争奪戦を繰り広げます。

夜になると、22時の宝木投下に向けて、西大寺の町は、「はだか」と呼ばれる褌姿の男たちで一杯です。わっしょい!わっしょい!の掛け声があちらこちらで聞こえてきます。

町全体が、まつりの浮足立った雰囲気とは、やや異なって、「はだか」のけた外れな気合いと興奮が観客にも十分に伝わり、熱気と迫力と少しの恐怖心も入り混じったような、独特の空気になります。

そんな『西大寺はだかまつり』の写真とパネル、モニターでのご紹介を、西大寺百花プラザ1階のプロムナードで2月17日まで行っています。ご覧ください。