自然教室の報告とホームページリニューアルのお知らせ

2013年12月1日

11月23日(日)に子ども自然教室「落ち葉であそぼう」がありました。

ユリノキの落ち葉を発見↑

葉が大きくなるにつれて、縁の分裂が2、4、6、8と増えています。

一番小さい葉は先が2裂で丸いハート型をしています。

 

また、こちらでは何かを拾い集めています。

そして、

その何かが、舞った!!

何が舞ったのかというと、

トウカエデの種子です。

このプロペラ付きの種子が園内に沢山落ちていました。

それを飛ばすとくるくるまわっって落ちていきます。

11月の自然教室は落ち葉や種子でたくさん遊びました。

 

次回12月の自然教室は12月22日(日)

手づくりものづくり教室の2回目で「黄ニラを食べよう」です。

定員が20組で電話(086-252-4183)か窓口での申し込みが必要になります。

みなさまのご参加お待ちしています。

 

お知らせ

岡山市公園協会のホームページが12月2日より、リニューアルされます。

それに伴いこのブログも移動が必要になり、しばらくお休みをさせていただきます。

植物をみてかいてみた

2013年11月25日

11月24日、「植物をみてかこう」という教室を行いました。

今日は今園内で咲いているアメリカマンサクを描きました。

紅葉があまりにもきれいだったので、

古墳の裏を遠回りしました。

ルーペを覗くと小さいおしべやめしべが見えました。

黙々と取り組んで、とても楽しかったです。

奇数月の第4日曜日、午後2時~4時で行っています。

みなさんもぜひどうぞ。

紅葉でアートをしてみた

2013年11月20日

「落ち葉でアート」

岡山市街地から近い紅葉スポットでもある半田山植物園。

 

11月23日(土)~12月8日(日)

「半田山もみじ散策」のイベントを開催します。

イベントは半田山植物園の紅葉を楽しみつつ、

 

①園内の落ち葉を拾ってあつめる「落ち葉ででビンゴ」

②園内の落ち葉を拾って、台紙(A4サイズ)にはる「落ち葉でアート」

③園内の秋の情景を川柳によむ「紅葉で川柳」

 

のコーナー設置をします。(①「落ち葉でビンゴ」はワークシートの配布)

期間中はコーナーを常設し、自由に楽しんでいただく予定です。

 

上部の「落ち葉でアート」はカイノキの落葉を集めました。

 

また、「落ち葉でビンゴ」はこんなかんじ↓です。

ワークシートにある絵の落ち葉(6種類)を集めるビンゴゲームです。

 

半田山植物園も紅葉の季節になりつつあります。

皆様のご来園お待ちしています。

四季と自然を楽しむ会11月

2013年11月14日

今日は四季と自然を楽しむ会がありました。

花壇には背の高い花がたくさん。

↑上の花が入らなかった・・・。

5mくらいの高さがある「皇帝ヒマワリ」や「皇帝ダリア」です。

 

ロックガーデンではキクの仲間がきれいに咲いていました。

紅葉も始まっていました。

来月の四季と自然を楽しむ会は12月12日(木)です。

花壇と温室の見頃の花

2013年11月4日

まるで、真夏のヒマワリのような花ですが、

↑ 11月現在、咲いています。しかもこんなに背が高い!!

「皇帝ヒマワリ」とよばれています。西の谷花壇で見頃です。

 

温室にも背の高い植物が花を咲かせています。

 

青いストレリチア(ゴクラクチョウカ)の花があります。

名前は「ストレリチア・ニコライ(ルリゴクラクチョウカ)」といいます。

 

ドームの真ん中の「トックリキワタ」にもピンク色の花が咲いていました。

なかなかきれいな花なのですが、高いところで目立たない・・・。

近くで見れるのは、

紫と白のカトレアの花。木の幹にも着生しています。

  

サンタンカ                                  ハイビスカス 

サボテン室の「杢キリン」と呼ばれるサボテンの白い花も先日咲いていました。

トゲがあって近寄りがたいですが、花は美しかった!!

でも近寄りがたい・・・。

その他にも早咲きのツバキやサザンカが咲き始めています。

モミジ林の野に咲く花

2013年11月1日

半田山植物園のモミジ林付近では半田山に自生する植物を探すことができます。

 

アキノキリンソウ         コウヤボウキ           

 

ケシロヨメナ           センブリ

*野生のものにはネームプレートはついていません。

 

野に咲く花は人が同じように管理していても、毎年決まった所に決まった量が出てくるというわけではなく、そこにある植物どうしの関係や、その年の気候などによって、別の場所に移動したり、多くなったり少なくなったり、いろいろな変化が見られます。

野の植物が自然な状態で観察できるのも半田山植物園の魅力の1つではないでしょうか。

また、秋が深まってくるとモミジ林では紅葉も楽しめます。

イ草を織ろう

2013年10月27日

本日の子ども自然教室のテーマは「イ草を織ろう」でした。

ゲスト講師を迎えて、すてきなイ草のコースターを作りました。

きれいに染められたイ草の束。

その中から好きな色を選んで、

 

織機で織っていきます。

なんと、この織機、この日のために講師の先生方が作ってくださったもので世界に十数台しかありません!!

この織機を使って世界に1つだけの自分のコースターをつくりました。

 

そして、もちろん自然教室は植物の観察も怠りません!!

イ(イ草)やイに似た植物をみて、

実際に野に生えているイを探す「イ草探検隊」です。

イをみつけるまでにも、半田山植物園の宝物であるどんぐりや木の実、落ち葉を拾ってあつめました。

イも無事に発見。

今日は、天候にも恵まれ、植物の観察日和でした。

そして、この日のためにすてきな織機を作ってくださり、ご指導いただいた講師の先生方には心からお礼申しあげます。

来月の子ども自然教室は11月24日(日)10時より「落ち葉で遊ぼう」です。

菊花展が始まりました!

2013年10月26日

秋を代表する花、菊が見頃を迎える中、

おかやま菊花協会のみなさんが手塩にかけて育てられた

立派なキクを展示してくださいました。

江戸時代に一世を風靡した仕立て菊には、

花姿や仕立て方から、独特な呼び名があります。

花びらがスプーン状になり、球形に盛りあがって咲く大輪菊は

「厚物(あつもの)」と呼ばれます。

写真は特に高さ60cmまでに押さえた小さめの三本仕立て。

だるまづくりといいます。

ちなみに1本の茎に、高さが40cm以下で大輪の花一つを咲かせたものを

福助づくりといいます。

花びらがストロー状に細くなったものを「管物(くだもの)」と呼びます。

厚物のボリューム感と管物の繊細さ。

どちらも凛とした魅力を放っています。

烏城公園でも2013年10月21 日(月)~2013年11月16日(土)で

おかやま菊花大会を開催しているとのことです。

日本独特の美の世界を、この秋に堪能してみてはいかがでしょうか。

スイフヨウ

2013年10月23日

 

スイフヨウ

花の咲き始めは白色ですが、時間が立つにつれてピンク色に変わります。

その姿がまるで酔っているようなので、「酔芙蓉(すいふよう)」といいます。

面白いですね。

ボタン園の西側で見頃です。

キクのなかま

2013年10月18日

かわいいキクの仲間が見頃を迎えています。

 

コハマギク(写真左、ロックガーデンにて)、ハマギク(写真右、西の谷花壇にて)です。 

他にも

 

ツワブキ(写真左、芝生広場付近にて)、ダルマギク(写真右、ロックガーデンにて)も見頃です。

これらは日本に自生する種(半田山植物園では栽培している)で、どれも愛嬌のあるかわいい花ですが、その中に野生的な強さも感じられます。

また、半田山植物園では植物園(半田山)の自生するキクもみることができます。

ヨメナの仲間(写真)はオニバス池の付近や正面桜林の中などでみかける半田山の自生種です。

 

10月19日、20日は半田山 秋の花まつりが開催されます。

秋の山野草展や、苗モノ市、寄せ植え体験(参加料500円)、ハーブで小物づくり(参加料100円)など様々な企画があります。

19日はハーブティーのテイスティング(11時より先着100名)、20日はどんぐりのティスティング(11時より先着150名)もあります。

興味のある方は是非おこしください。